NO.9287844
中国「千人計画」、日本人研究者らに論文ノルマ…「著名な科学誌に2本」要求
中国「千人計画」、日本人研究者らに論文ノルマ…「著名な科学誌に2本」要求
海外から優秀な研究者を集める中国の人材招致プロジェクト「千人計画」を巡り、中国側が同計画に参加した日本人研究者らに論文執筆のノルマを課していたことがわかった。

特に「ネイチャー」「サイエンス」など世界的に著名な科学誌への掲載を求めていた。

そうした論文の掲載数は各国の学術レベルを示す指標の一つとされており、科学技術強国を目指す中国の強い姿勢がうかがえる。

(小池和樹、藤原聖大)点数化千人計画を巡っては、読売新聞の取材で少なくとも44人の日本人研究者が関与していたことが明らかになっている。

このうち複数人が論文発表のノルマなどの実態を証言した。

「著名な科学誌に2本の論文を出すよう求められ、かなりきつい」。

2016年頃から中国・浙江省の千人計画に参加し、現在も現地で脳の遺伝子を研究している浙江大教授(43)はそう明かす。

中国の大学では毎年、研究者が発表した論文数などを点数化し、研究実績を審査している。

数が多かったり、著名な科学誌に掲載されたりすれば、給与が上がることもあるという。



【日時】2021年02月28日 11:30
【ソース】読売新聞
【関連掲示板】


千人計画(せんにんけいかく、簡: 千人计划; 英: Thousand Talents Plan; TTP)または、海外ハイレベル人材招致計画(かいがいハイレベルじんざいしょうちけいかく)は、中華人民共和国国務院が科学研究、技術革新、起業家精神における国際的な専門家を認定し、採用するために2008年に策定した計画、制度。
20キロバイト (2,702 語) - 2021年2月13日 (土) 12:30





#8 [匿名さん] :2021/02/28 12:40

>>0
日本人研究者 「日本では、軍事に使えるものは研究も作ることも禁止な!
          でも俺らも金が必要だから金くれる外国なら協力してやろうかなw
          中国\(^o^)/万歳」