NO.9216502
ステイホーム中でも不倫相手と密会する人たちの3つのパターン
ステイホーム中でも不倫相手と密会する人たちの3つのパターン
コロナ禍で「ステイホーム」を求められても、不倫相手と会うことをやめられない人たちがいる。

夫婦問題研究家の岡野あつこ氏のもとに届いた、3つの相談事例を紹介しよう――。

■当初は「夫婦間のストレス増加」の相談が多かったが…
新型コロナウイルスの影響で生活が変わりはじめて1年がたとうとしている。

その間、夫婦問題の相談件数は右肩上がりに増えている。

注目すべきは、相談内容にも変化があったことだろう。

コロナの影響で新しい生活がスタートした当初、生じた夫婦問題の多くは、ステイホームによる夫婦間のストレスの増加に原因があった。

ところが最近の相談案件で目立つのは、コロナ禍でのパートナーの不倫について。

つまり、人との接触を可能な限り避けるべき時期においても、「パートナーが不倫の相手と会うことをやめない」という問題が表面化しているのだ。

実際、「ウィズコロナ」の新しい生活スタイルになった今でも変わらず不倫を続けているパートナーを持つ人からの相談にはこんなケースがある。

■「コロナで忙しくなった」と帰りが遅くなった
【CASE1】在宅勤務になったことを隠し続けていた夫

「夫の不倫が続いていたと知った時は、悲しみというより怒りしかありませんでした」と話すのはAさん(37歳)。

4歳年下の夫とは、結婚後も二度ほど不倫が原因で離婚寸前までもめたものの、二度とも「不倫相手とは別れる。離婚はしたくない」と懇願され、Aさんが折れる形で夫婦関係を修復する道を選択。

それが去年の年明けのタイミングだった。

その後間もなく新型コロナウイルスの問題が本..

【日時】2021年01月28日 11:15
【ソース】プレジデントオンライン


2019年コロナウイルス感染症による社会・経済的影響 2019年コロナウイルス感染症流行に対する世界保健機関の対応 戒厳 国家安全保障 リスクマネジメント 夜間外出禁止令 Coronavirus disease (COVID-19) Pandemic(世界保健機関(WHO)公式サイト。英語) 外務省 海外安全ホームページ (外務省)
14キロバイト (1,561 語) - 2021年1月11日 (月) 21:37





#11 [匿名さん] :2021/01/29 15:17

>>0
そこまでして不倫したいか?
もう病気だから治療しよ。


#1 [匿名さん] :2021/01/29 15:07

>>0
一緒にいるとストレスが溜まる嫁なんだろ


#3 [匿名さん] :2021/01/29 15:08

死屍累々


#8 [匿名さん] :2021/01/29 15:13

>>3
だったら早くして。  累 鬼滅


#15 [匿名さん] :2021/01/29 15:37

ラブホもGotoトラベルの一環で使いましょう


#17 [匿名さん] :2021/01/29 16:30

>>15
使えません
ラブホは対象外です


#22 [匿名さん] :2021/01/29 22:28

人妻、そして母親になった元カノとヤるのすげえ興奮するw
おばさんになったけど最高♪
*する前に咀嚼しまくったおにぎりやパスタを口移しで食わせてもらうのがたまらん!


#23 [童貞王] :2021/01/29 22:55

>>22
ヤバいくらい恥ずかしい…
名前入れ忘れた…


#27 [匿名さん] :2021/01/30 09:22

子持ちママが不倫して 相手の子を👶孕む🎵


少子化の今 不倫出来ちゃった結婚💒を推奨しましょう❗


#28 [匿名さん] :2021/01/30 09:25

>>27
託子と言うのか?