【政治】「自民党に居心地の悪さを感じている人もいる」野田元首相が明かした“分裂工作”というウルトラC



「それ(自民党が割れること)が一番望ましい政界再編かも知れません。自民党に居心地の悪さを感じている人(議員)もそれなりにいるんですよ」

 支持率低迷に喘ぐ自民党。次期衆議院選挙で自民公明の与党が過半数割れとなる可能性も囁かれる中、それを政権交代にまで結びつけられるのか。立憲民主党最高顧問の野田佳彦元首相は「青山和弘の永田町未来café」に出演し、政権交代に向けた戦略と、党内に待望論もある自身の代表就任の可能性について赤裸々に語った。

自民党を分裂に追い込めるか

 総選挙での自公過半数割れについては、「可能性が出てきたと思う」と語る野田氏。しかしそれはすなわち政権交代を意味しない。現段階では立候補者の数さえ過半数に足りていない立憲民主党は、他の党と連立政権を組まない限り政権を奪取できないからだ。野田氏は立憲民主党へのライバル心をむき出しにする日本維新の会との連立工作については、不可欠だとの認識を示した。

「野党第一党と第二党がその(連立の)可能性がないと言っちゃったらこれはもう厳しいですよ。うまくいってないこともあっても、うまくいってるところを見いだしていきながら協力できる体制に持っていかなければいけない」

 その上で野田氏は、さらに議席数が足りなくても共産党を連立に加えるのは難しいとの考えを示した。一方で可能性を示したのは、自民党から数十人の議員に野党連立に加わってもらうという、いわば“ウルトラC”だった。

「それが一番望ましい政界再編かもしれません。自民党がまとまっちゃうのは、政権を維持する知恵だと思ってますが、この体質じゃ駄目だ、この政策では駄目だと思ってる人(議員)もいるわけです。それはこっちも覚悟を決めてあっちも覚悟を決めないとできない話ですけど。」

予想される激しい多数派工作

 そこで筆者は、実際に自民党を割って出てくる可能性がある議員がいるのか尋ねた。すると野田氏はこう明言した。

「いますね。(名前は)言えませんけど。相性が合うし、一緒に仕事したいと多分お互いに思ってる人はいます」

 一方でもし自公が過半数割れした場合は、自民党日本維新の会を抱き込んで政権継続を狙うだろう。激しい多数派工作が今から予想される。野田氏は自分に言い聞かせるように語った。

公明党がいつまで自民党と一緒なのか。与党にも自民党の内部にも、野党にはなおさらいろいろなミシン目がある。いろいろな組み合わせがありますから、緊張感を持っていろんな人とお付き合いをしていきたい」

首相再登板はあるのか?

 そんな野田氏に自ら代表として立憲民主党を率いていく覚悟はあるのか質すと、率直にこう語った。

「このまま(自民党の)一強多弱で政治人生を終えたくないですから。もう一回政権交代を実現するのが悲願です。そのために私もできることはもちろん何でもやりたいと思います。ただ立憲民主党を率いたいとか、自分が進んでやる話ではまったくないと思ってます」

 一方で党内にくすぶる泉健太代表の交代論について、野田氏はこう釘を刺した。

「大事な国会の終盤に、自分たちが選んだリーダーに『あの人は駄目だ』と言うような組織は信用されない。100点満点ではないかもしれないけれども、それを補って支えていくチームが、私は信頼されると思います」

 一昨年10月、野田氏は安倍晋三元総理の追悼演説で憲政の神様・尾崎咢堂の「人生の本舞台は常に将来に在り」という名文句を引用し、亡き安倍氏の政治姿勢に思いを馳せた。その言葉について番組でこう述懐した。

「あれは安倍さんに向けた言葉であると同時に、自分にも向けた言葉なんです。お互いまだやるべきことがいっぱいあるのにねという考えを含めて使わせて頂きました」

 野田氏の“本舞台”はいつどのような形でやってくるのか。それは日本政治の行方にも大きな影響を与えることになるだろう。

 野田氏が出演した、文藝春秋ウェビナー「青山和弘の永田町未来café」は、「文藝春秋 電子版」で見ることができる。

(青山 和弘/文藝春秋 電子版オリジナル)

「文藝春秋 電子版」のオンライン番組に出演した野田佳彦氏 ©文藝春秋


(出典 news.nicovideo.jp)

ゲスト

ゲスト

後ろから撃つゲルは自民の居心地どうなんでしょうね。

RT

RT

自民も自民で腐ってるから正常な感覚有れば居心地悪くもあるだろうけど、それでミンスに合流したらさらなる売国奴に転身するだけなんで結局マトモな人間の選択じゃないよ

通りすがり

通りすがり

だからさあ政権交代が目的です後は知りません、じゃねえんだよ野党にとって大事なのはその後どうするかだろうが

kikori

kikori

そう言っていざ独立したら、想像以上に自分達の居場所の無さを実感するんですよね。自民党が下野した時や民主党が崩壊した時、独立した人達いましたけど、殆ど政界から消え去りました。党としての支持率と個人としての支持率は同一ではない。これを意識しないで独立すると大体失敗します。政界でよく言われる数の利は良くも悪くも働くそれだけのこと。

一般通過ゲスト

一般通過ゲスト

そりゃ自民は泥船だけど、野党は沈んでるんだから、居心地悪くてもわざわざ出て行くことはそうないだろう