【話題】日本の高齢者は「保険」で殺される!?



山口道宏[ジャーナリスト

***

「これって、現代版の姥捨て山だぜ」は本当か!? 世論づくりか。ここにきて国による「棄老政策案」が続々と打ち出されている。

年金では、国民年金保険料の納付期間延長が議論され現行の20~59歳の40年間を64歳までの45年間にする考えという。となったら自営や60歳までに退職した人の負担は大きい。5年延長で100万円の負担増になる勘定で、納付総額は796万円(40年間)が896万円(45年間)の計算になる。といって受給額が増えるわけではない。受取額は上限でも僅か1ケ月6万5000円はそのままだ。「生きてるうちに取り返せない。これって国がする詐欺だよ」は、オーバーな表現ではない。

介護保険でも、国はこんな改悪を企んでいる。自己負担2割、ケアプラン作成の有料化、要介護1.2は保険外、公的老人施設多床型の室料負担など。

自己負担が2倍になって、「軽度」は介護保険の対象外となれば、家族の介護離職はさらに進んで共倒れは必至。だから介護悲劇の頻発は言うに及ばない。即ちこれら改悪は「あとは自治体さん、適当によろしく」という国による堂々の自治体への丸投げだが、ここで矢面に立つ自治体側がなんら抗議しない理由が分からない。

[参考]統一教会の傘下が自民党という国辱

アプラン作成の有料化では、介護サービスを得るに際して、利用そのものの「入り口」を狭くする。その手口は、誰もが生命に関わる公的なサービスに辿り着ける精神とは誰の目にも違う仕組みだ。ついては利用控えが予測され、重度化を誘い、かえって介護の必要性が高まるという悪循環をもたらす。当然だが国庫負担も高まる。さらに「差額ベッド」に似た徴収は、ようやくはいれた相部屋にも及ぶというから恐れ入った。それらを仕掛ける施政者は悪代官としかいいようがない。

さらに、福祉用具でもレンタル廃止から買い上げが検討されている。当事者にとっては「たかが歩行器、されど歩行器」だけに、あまりに罪深い。介護保険は3年に一度の見直しだが、その度に保険料は上がり、その度に使い勝手の改悪が続く。

「これって、もう保険制度じゃない。保険料をとっておいて、いざ使いたいときに使えないんだから。介護保険、これも国のする詐欺だよ。」

もともと保険制度に依拠する我が国の社会保障制度は脆いか。老後生活の不安は払しょくされないか。年金、医療、介護も、すべては「保険」だった。医療は世界に冠たる「国民皆保険制度」ゆえに建前上は他の2つとは差異がある。とはいえ75歳以上の健康保険料の増額も始まっている。

GOTOも旅行補助金も、生きるに精一杯のかすかすの私たちの暮らしには関係がないよ。」

コロナで年寄りは搬送されず自宅放置。防衛費増額の犠牲か、まるでバターか大砲かの選択だよ。」

明日は我が身だ!! メディアによる老後貧困の究明が急がれる。



(出典 news.nicovideo.jp)

AcousticMiku

AcousticMiku

よくいわれる「年金は破綻しない」の具現化だわな。制度は存続するものの年金としての意味をなさない。介護保険や健康保険は保険料を払ったら利用する金が残らなくて使えない。形を変えた増税と言うべき。

げすと

げすと

いや死んでもらわんとフォローバランスが保てんのや

UE

UE

お前らが大好きな国民皆保険制度や高額療養費制度のない国の話する?

ゲスト

ゲスト

若者が殺されるよりマシだろ