NO.9948392
楽天・田中将大にNYメディアからラブコール 米記者「契約を求める球団はいくらでもある」
楽天・田中将大にNYメディアからラブコール 米記者「契約を求める球団はいくらでもある」
 またもプレーオフで敗退したニューヨーク・ヤンキース。かつて「球界の盟主」と呼ばれていた同球団は、松井秀喜がシリーズMVPを獲得した2009年以降、優勝はおろかワールドシリーズへの出場も果たしていない。ニューヨークの地元メディアやファンたちは全米一の辛口で知られており、毎回シーズンやプレーオフで敗退すれば猛烈な批判がわき起こるのだが、それは今年も同じであった。

 ヤンキースの地元メディア『NJ.com』は、10月6日、ア・リーグの地区シリーズ最後の1枠を決めるワイルドカードゲーム(ボストン・レッドソックスに6-2で敗退)で先発を務めたゲリット・コールを「もはやヤンキースのエースではない」と痛烈に批判した。その怒りはコールへの批判だけでは収まらず、その矛先はGMにも向けられ、昨オフに田中将大(現・楽天イーグルス)との契約を見送ったことを強く責めた。

「振り返ってみると、ブライアン・キャッシュマン(GM)の最大の過ちの1つは、田中将大の契約を見送り、同じ1100万ドル(約12億5280万円)でコーリー・クルーバーを得たことだろう。確かに、田中は衰えがあったかもしれないが、彼は賢くてタフだった。ますます神経質になっていたコールは、(田中がいれば)そのプレッシャーからも解放されていただろう」。

【日時】2021年10月27日 11:30
【ソース】AERA dot.