NO.9879217
「もし、猫が行方不明になったら?」ペット探偵が探し方のコツ伝授「迷子チラシを使った計画的な捜索を」
「もし、猫が行方不明になったら?」ペット探偵が探し方のコツ伝授「迷子チラシを使った計画的な捜索を」
その仕事ぶりがドラマ化されたり(NHK『猫探偵の事件簿』)、人気ドキュメンタリー番組『情熱大陸』(MBS)で取り上げられるなど「ペット探偵」として知られるペットレスキュー代表・藤原博史氏が、オンラインでの『迷子捜しセミナー』を開催しました。

主催したのはコピーライターやエッセイストとして活躍する糸井重里氏が代表を務める『株式会社ほぼ日』。運営する犬猫写真投稿SNSアプリ『ドコノコ』内には「迷子掲示板」があり、登録件数は月300件超。『ドコノコ』では藤原氏が監修した「迷子猫捜しマニュアル」「迷子犬捜しマニュアル」をダウンロードできるようになっていて(猫と犬では捜し方のコツ・ポイントが異なる!)、そのマニュアルに沿って迷子捜しをしたユーザーが自身の経験を生かして現在進行形で迷子を捜している人に協力、その人がまた次の人に協力……と「恩返しの輪」が広がっています。

セミナーのテーマは「迷子猫捜しでの迷子チラシの使い方」。ペットレスキューへの依頼は約7割が猫、約2割が犬、残り1割が他の小動物や爬虫類いうことで、今回は猫が迷子になったとき、チラシをどの範囲にポスティングすればいいか、その際の注意点などについてレクチャーされました。ちなみに、コロナ禍で「おうち時間」が増えたことにより、保護猫や保護犬を迎える家庭が急増。屋内での生活に慣れていない子たちは“脱走”のリスクが高いため、迷子も増えていると言います。

【日時】2021年09月29日
【ソース】 まいどなニュース
【関連掲示板】




#5 [( ^ω^ )✨] :2021/09/29 23:58

気持ちいいにゃ~の顔してるにゃごおよ(=゚ω゚=)🐥


#6 [匿名さん] :2021/09/30 00:11

>>5
腹が気持ち良すぎて虹橋わたりそうニャ